プロミスでお金を借りる

初めてプロミスでお金を借りるときには無利息期間が用意されています。
その期間なんと30日。
プロミスポイントサービスに登録すると利用することができる無利息期間になります。

 

金利を比較すると言っても消費者金融になりますのでそれほど差がないというのが現状。
では何で比較し選べばいいのかと言えば金利とは違ったコスト削減です。
ATM利用手数料でもよいでしょうし、返済方式でもよいでしょう。
しかしそもそもの利息をゼロにしてくれる期間があるのであればそれはうれしいところです。
ところがプロミスの場合、一度限りの無利息期間ではありません。
もちろん30日という期間での無利息ははじめての利用に限ったことです。
しかしプロミスポイントサービス、どんなものか気になりませんか?

 

プロミスポイントサービスというのはこのポイントを貯めることで「あるもの」と交換することができます。
それが無利息期間です。
無利息期間が終了しても、メールを受信したり返済や借り入れをすることでポイントを貯めていくことができます。
その貯めたポイントはまた無利息期間と交換することができるというのですからお得なポイントです。
消費者金融の中でもこのポイントサービスを扱っているのはプロミスだけになります。

 

消費者金融はたくさんありますが、その中で比較するべきは金利だけではなかったというのは意外かもしれません。
利用する以上、損のないようにしっかりと比較しておきましょう。

こんな場合も消費者金融で借り換えしてみては?

借りやすいから、急いでいるから、といった理由でとりあえず金利の高い消費者金融で借入をしてしまったという方は多いでしょう。すぐにお金が必要なときは、とかく余裕がなくなってしまいますので消費者金融比較する時間もないということもよく起こります。

 

返済を続けていくうちに、「しまった、利息がとっても高い。」といったことに気が付く場合もあります。そのまま、利息を払い続けるのはやはりとてももったいないですよね。そんなときには、現在の借り入れの借り換えを検討してみるとよいでしょう。

 

借り換えを利用するときには、通常の借り入れよりもさらにしっかりとシュミレーションをして比較する必要があります。借り換えはやはり多少なりとも手間がかかるわけですから、その手間をかけた割には金利があまり違いがなかったということになってしまっては、それこそ時間の無駄ということになってしまいます。

 

借り換えはたしかに利用者にとってとても魅力的なのですが、注意点もあるものです。それは、借り換えということは一度にもともとの借り入れを返済してしまうということになります。一括で返済するときに手数料がかかる借り入れであれば、結局返済総額は変わらなかったといったことになるかもしれません。

 

借り換えを利用したいと考える場合は、とにかく借り換え先のローン同士の比較だけではく、現在の借り入れとの比較をしっかりしておきましょう。借り換えということは、一度借り入れ経験があるわけですから、さらに自分に合う借入先を見つけやすくなっていると考えて、よりよい借り入れができるように探すとよいでしょう。

断られた!徐々に厳しくなるカードローン審査

オンラインや携帯電話、スマートフォンアプリなどでカードローンの申し込み方法は簡単になっているとはいえ、条件や審査は少しづつ厳しくなっており、融資を断られたという人は多くいます。申し込む前に、利用しようとしている金融会社が提示している条件や、自分自身の状況を把握する事から始めるといいでしょう。

 

申し込むにあたり、年齢や年収、以前にも借りたことがあるまたはクレジットカードを持っているという人は借入履歴などを確認しましょう。必要書類を提出する段階では情報に間違いがないかを調べましょう。

 

消費者金融を利用する場合は総量規制がポイントになってきます。総量規制は年収の3分の1以下の金額しか借りられないようにする規制です。よって年収の3分の1を超える借入額で申し込むと断られる可能性が高くなります。銀行にはこの規制はありませんが、審査自体が消費者金融より厳しいので、条件、状況、提出物の内容には特に気をつけましょう。

 

使用目的がはっきりしている場合は、その目的にあったカードローンやローンを選びましょう。使途自由のカードローンにしてしまうと、目的外の用途にまで利用してしまう可能性があります。また、カードローンをしているとローンを組む時に不利になりやすくなるので、利用しているなら完済後すぐに解約しましょう。

 

申し込む前に、匿名で無料審査してくれる「くらべる君」を利用することをおすすめします。「くらべる君」は仮審査なので何度申し込んでも申し込みブラックになる事はありませんが、、結果はあくまでも目安なので、ここで良い結果が出たとしても本審査で通るとは限らないので注意してください。


このページの先頭へ戻る