住宅の内装にこだわる

新築購入する人はインテリアやデザイン等間取り以外にこだわる点がありますが、実はもっと重要なことがあるのです。住宅は一度建ててしまえば30年以上も住み続けることは珍しくなく、世代が変わって引き継ぐことも考えられます。そのため、結婚、出産して子供が成人した場合、さらには結婚した後まで考える必要があるのです。流行のデザインも30年後にはどうなっているかわかりません。住宅は一生に一度購入できるかできないかの人が多い買い物ですので、将来設計を考えつつ、今は必要ない駐車場やバリアフリーなども想定しておくことが重要です。

インテリアを上手に取り入れよう

インテリアは取り入れ方や配置によって、室内の雰囲気に重厚さを持たせたり、おしゃれに変身させることのできる住宅の装飾品です。家事や生活の能率が上がるのも、インテリアの取り入れ方次第です。また、狭い部屋を開放的なゆったりした部屋にもできますし、明るさを持たせることもできます。広いスペースを持った住宅では、どっしりとした家具を配置することで、落ち着きと安定感が生まれます。逆に、狭い部屋を広く感じられる部屋にしたいという場合には、重厚な家具や背の高い家具は避けて、低めの家具を設置するとよいです。色も淡い色にすると、圧迫感が少なくすっきりした室内になります。

↑PAGE TOP